未分類

レミゼラブルメンバーのアカデミー賞リハーサル、好きすぎる

※※記事修正中です※※

レミゼラブルの主演キャストによる「ワンデイモア」。
そのリハーサル動画が引くほど好きなので、想いをしたためていいですか?

ちなみにこのね、2012年のレ・ミゼラブルです!

レ・ミゼラブル [ ヒュー・ジャックマン ]

 

登場人物紹介

レ・ミゼラブルをご存じの方はすっ飛ばしていただければと思うのですが、登場人物だけおさらいでおいておきますね!

【ジャンバルジャン役】ヒュー・ジャックマン

 

以下、本記事では「ヒュー」と呼ばせていただきます!

【ジャヴェール役】ラッセル・クロウ

 

以下、本記事では「ラッセル」と呼ばせていただきます。

【テナルディエ夫妻役】ヘレナ・ボナム=カーター&サシャ・バロン・コーエン

以下「ヘレナ」、「サシャ」と呼ばせていただきます!

【ファンティーヌ役】アン・ハサウェイ

以下、「アン」と呼ばせていただきます。

【マリウス&コゼット役】エディレッドメイン&アマンダ・サイフリッド

 

以下、「エディ」「アマンダ」と呼ばせていただきます。

【マリウス役】エディ・レッドメイン

 

【コゼット役】誰だっけ

 

【エポニーヌ役】サマンサ・バークス

以下「サマンサ」と呼ばせていただきます。

【アンジョルラス役】アーロン・トヴェイト

以下、「アーロン」

 

【テナルディエ夫妻役】

 

トム・フーパ―監督

 

レ・ミゼラブル、リハーサルの動画はこれだ…!

この動画、すでに

 

前奏、レコーディングルームの和やかなこと…。

バルジャンとアンはコーヒー片手に談笑してるし、若手チーム(エポニーヌ、アンジョルラス、マリウス)はウェーイ!って自撮りを撮りつつ、コゼットも誰かの動画を取りながらニコニコ。

カメラが360°一周したところで、監督らしき方が「ハイハイ、集中~!」って感じでみんなに声をかけて指揮し始めるのがいいね。

そしてハイ!ハイここ!

みんな演者同士でワイワイキャッキャしている中、スタッフエリアからよいしょっと戻ってきて、その後笑顔の男性がもたれかかっているのがラッセルです。ジャヴェール役の。
スタッフと一緒に練習してたんかな。

もうね、緊張感ある笑顔がカワイイ。

他の演者と談笑せずにスタッフとじゃれてるあたりがカワイイ。

歌い出しから1瞬でスイッチ入るバルジャン。かっちょえええええ。

ヴバルジャンの「サドリーアイシー」のときのさみし気なほほえみ、最高すぎますズギュゥゥゥゥン!

そしてからのアンのソロに入るところのアンのスイッチ入ってなかった「ワンデモア…w」がかわいい!!

そのあと、ジャンと目線を合わせて「えへへ」っていう目と目の会話がカワイイ。

この辺からアンがどんどんスイッチ切り替えていく表情が見え、「I dreamed dream」の部分は最高に素晴らしい歌唱力です。でも自分のパートが終わった瞬間コーヒー飲むアンかわいい。(コーヒーじゃないかな、はちみつレモンかも)

 

そこからのマリコゼのデュエット入ります!

コゼットの目線の動きが素晴らしいですよね。コーヒー片手に!あの本気度の高い演技&歌がすごい!さすが!!

マリウスが1歩ずつ近寄ってくるもまだ二人は目線合わせないところくぅぅぅぅ~!

そしてエポニーヌの「わんもでいよおんまいおうん」がさみしーっ!

エポニーヌ役の方は唯一ミュージカルの舞台でもエポしてた方なんですけど、その姿勢にまじめさが表れています!!!まじめ!!!そして孤独なエポニーヌ感あふれてて最高!

「I was born to be with you」の盛り上がるところでク゚っとコゼットが目線をあげるところがすんばらしいですね。

そこからもうマリウスはウッキウキな感じのデュエットになるのがすんばらしい。

アンジョルラスはずっと動画とってたのに、自分のコーラスになる瞬間スマホをぽっけにしまい、1音目から力強い!

そこからですよ、そこから、ぐるーっとカメラが動くんですけど、観ました!?

アンの悪いにっこり顔!!!

「は~いラッセルちゃんがんば~~~!」って感じのにっこり顔でラッセル方面をみるめてるww

バルジャンは「ワンデイモーっ(ハイっ)」って感じでラッセルにソロのバトンを渡すんですけど、ここからがこの動画の一番の見所です。

ラッセルジャベールのソロなんですけどね、ここね、テンポが難しいんでしょうね。

ラッセルは手で拍取ってますし、指揮者のおっさんも一緒に指揮してるんですけど、もう…はしっちゃって走っちゃって、完全に演奏とテンポがずれてるんですよ…!!!

かなしーーーー。

 

そこへテナルディエ夫妻がラップでインするんですけどもうね、むずかしいところですよ。

伴奏に合わせるの?ラッセルに合わせるの?って。

もうここは肉声であるラッセルに合わせますよね。

そうすると1拍半くらい遅れて決まる伴奏ね。その瞬間のテナルディエ夫人の(´・ω・`)顔ね。たまらん。

全員の合唱のところは、気持ちよさげに歌うアン、ちゃけあうテナルディエ夫妻、必死げなラッセル、という並びが最高です。

ラッセルが「ちょっときついっす」ばりに左目を細めるのも胸を締め付けます。

最後全員で同じフレーズを歌う際のアンのウフフ顔、「笑ってはいけない歌謡祭」状態で目線を固定する若手エポニーヌ、コゼット、アンジョル、マリウス。

そして終わった瞬間「good verygood」で締めるおじさん。

verygoodと言わざるを得なかったと思わせるおじさん。

そうだよね、みんなグッドだったけど、ラッセルのパートは不安が残るよね…。

 

と、思ってからの、アカデミー賞授賞式本番!

皆の者!!!
ここまで「ラッセルおじちゃんキャワワ♡」とほほえましく見ていた者たちよ!!
本番に強い名俳優、ラッセルの底力を見るがよい!!!!

オーケストラとのリズムもばっちり、歌声の伸びもパーフェクト!

全員の輪唱のような部分もラッセルのパートが力強く聞こえ、ミュージカル舞台さながらの迫力がありました。

はぁ~~~天才だぁ~~~~。

エディレッドメインのパートも、本当にお見事ですね。

 

ところで、映画レミゼラブルにはいろいろと俳優陣のエピソードがあるんですけど、トリビア的に披露させていただいてよいですか?

・アンとアマンダのドレスバトル

授賞式で着るドレスについて、アンがアマンダに尋ねたら、ドレスのデザインがかぶっていることが判明!アンが激怒し、アマンダはその場を去った…という噂。

その後アンはドレスを土壇場で変更し、着るはずだったブランドへ謝罪声明を出すなどの対応をし、話題になりました。

代打で着たプラダのシンプルなドレスは「おっぱいドレス」と呼ばれるし、ゴシップ誌からは「嫌われ女優アン」と報道されるしアンにとってはさんざんだったでしょうね…。

数年後のオーシャンズ8では、この当時のゴシップを戯曲のように編んだ脚本でアンハサウェイが、年下の俳優をライバル視し、「太って見えること」を気にしたりする大女優ダフネを演じます。

アン、マジカッコいいな…

女性の俳優が2人いればすぐ「女の闘い」とばかりにゴシップをあおってくるのにはうんざりしますね~~~

「授賞式でドレスのデザインがかぶる」ってのは、確かに一大事ですよ。1点物のオーダーだから、簡単に変えられないし、ブランドとしても宣伝の意図が合って協力してくれているわけで。

アカデミー賞受賞女優の着たドレス!という冠のために、ドレスをデザインして提供するわけですからね。

アンもそういう諸々をわかっていて「どうしよう、どうしよう…」とその場で思い悩んだのではないでしょうか。

そもそも、女性俳優には華やかさや体系の維持が求められ、ドレスを仕立てる負担はでかいですね。男性俳優はそれなりのスーツを着ていればOKですから。「スーツがまるかぶり!?」とか、ゴシップ誌に報道されたり、「俳優同士の不仲!?」という報道も少ないですもんね~

でもその時、先輩であるアンが折れてるんですよね。ドレスを変更したのもアン、ゴシップ報道が出た後の公の場でアマンダに声をかけ、歩み寄っているのもアン。

アンパイセン…!かっこいいっす…!

30代に差し掛かり、あらゆる葛藤の中、行動を選択していったアン先輩、マジ素敵っす!

もうね、不仲なんて仕事してたらそこらに散らばってますし、いちいち「不仲!!!」「アンいじわる女優!!」とかゴシップするのやめてほしいですね、本当に。

 

 

エポニーヌ役はテイラースイフトが熱望していた

これも有名なお話で、事実だそうですが、エポニーヌ役はテイラースイフトが「やりたい」と言ってオーディションまで受けていたそうです。

テイラースイフトの歌唱力、ちょっと本命にならない感じ、エポニーヌにピッタリではありませんか…!

と、私は思うのですが、テイラーはオーディション落ちし、??がエポニーヌ役になります。

後日監督は、「テイラーはだれからも振り向かれないエポニーヌ役ではないと思った」と選ばなかった理由に触れ、その後CATSにテイラーを起用します。

視聴者からすれば、テイラー、エポニーヌ役にばっちりだと思うんですよね~。本命にしか情熱を注がないのに振り向かれないくやしさ、さみしさ、めちゃくちゃ表現できそうです。

テイラーを起用しなかったのは、アン、アマンダとの相性もあるかなと感じました。さっきさんざん不仲ゴシップを叩いといて恐縮ですが、あの3人集まったら絶対現場がぎすぎすするやろ…。

アンとアマンダは一緒に撮るシーンは少なかったですが、エポニーヌとコゼットは同じシーンがたびたびありますからね。また、レミゼラブルという映画自体が、テイラーに食われてしまうという印象もありました。

そういった意味ではテイラーは目立ちすぎる、目を引きすぎるところがありますよね。

監督は「テイラーは華がありすぎる」という理由で起用を見送ったと話しますが、実際には本当にいろいろと不都合が見えたんだろうなぁ…と制作側の苦労を垣間見た気がします。

 

あと、アカデミー賞の舞台俳優ってマイクとかイヤホン見えないんだね!どこに漬けてるんだろ~?と思っていたら、ニコ動で「前髪や耳の後ろに隠してることが多い!」とのコメントをみつけて、なるほど~~~~!!!

 

ニコニコ動画アカデミー賞授賞式開会式(ニコ動のコメント面白い~!)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm20184878

 

アマンダがラッセルをチラ見してニヤニヤしてるのコメントで突っ込まれてるなw

 

は~~~たのしい…

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。