子育て関連

眠る前に、子供たちに「大好きだよ」と言い続けたら素敵な変化が起こった

f:id:nijinoameko:20170604080312j:image

子供の自己肯定感は親が作ると思います。
我が家の子供たちは保育園へ通っています。
睡眠時間を除いたら、家庭で過ごす時間より、保育園にいる時間のほうが長いかもしれません。

それでも家族や親は子供にとって特別で、親が与える子供への影響は非常に大きいといえるでしょう。
子供が小さければ小さいほど、親の影響は大きいと思います。

 

◆「大好き」って言われたい私は、子供に「大好き」って言ってあげてなかった。

さて、母歴6年の私ですが、実は子供をほめるのが苦手でした。
(子供たちよ、ごめんね)
「すごーい!!」「偉いね」「頑張ったね」ボキャブラリーはこれくらいしかなく。
いたずら、わがまま盛りの子供たち。ほめるシーンもなかなか拾えず、、
そのうちに子供たちは、すごく癇癪を起しやすくなったり、甘えが激しくなったりしてきました。

「テレビのリモコンどこ!?なんでないの!?怒」と些細なことで怒る息子。
「抱っこ!!だあーーーーっこ!!」とひっついてきて片時も離れない娘。

ちょっと私自身も疲れるな…と思っていました。

そんなとき、
「あーーーー、疲れた。あの子らが、ママ大好きだよ(ハート)、とか言ってくれたら癒されるのになー」と
ふと思いました。

んで、ギクッとしました。

そして、私自身、子供に「大好きだよ」とあまり伝えてあげていないことに気づいたんです。
自分が言ってほしい言葉は、自分からどんどん伝えてあげないといけないですよね。
自分があげないのに、他人からは欲しいなんてわがままです。

それに子供たちはまだ小さい。「大好き」と感じていても、言われたことがなかったり、
「大好き」という、言われ方を知らなければ自分からは言えないですよね。

私は子供たちがいて幸せ、子供たちのことを大好き、と思っていたけれど、あまり口に出して伝えていませんでした。

 

◆子供が褒めるようなことしなくても、キミのことが大好きだと伝えてあげる

そして、「たとえ、あのことたちに褒めるような行動がなくても、大好きだよとは伝えられるな」

そうなんですよ。どんなわが子でも、私は大好きなんです。

キミが、

 

「いい子」にしていなくても
「甘えんぼすぎ」でも
「失敗ばかり」でも
「妹をどうしてもいじめてしまった」としても
「兄をたたいてしまった」としても
「ご飯を残しても」

「ママはあなたのこと大好きだよ」

っていうのを伝えてみよう!と思いました。
ほめるのが苦手でも、ほめポイントを見つけられなくても。
特に理由がなくたって「好きなもんは好き」なんだから。
それを伝えればいいんだーと思って気が楽になりました。

「いい子」だから好きなんじゃなくて、「君のこと」が好きなんだよと。

 

◆寝る前に言うようにしてみた
それからは、寝る前に必ず
「●●、大好きだよ、今日もかっこいいね」
「□□、大好きだよ、今日もかわいいね」と、子供たちの名前を呼んで伝えることにしました。

一言だけだっていいし、ぎゅーをプラスしてもいい。
とりあえずなるべく毎日言うように心懸けました。

何故寝る前なのかというと
・毎日同じタイミングにすれば忘れない(私が)
・いい気分でみんなが1日を終えられる
・おもちゃもなく、テレビもない瞬間は、言葉が一番伝わりやすい

特に大きな雷を落とした日ほど、絶対言うようにしましt(罪滅ぼしの意識もあり…笑)

◆変化が現れた!
寝る前に「大好きだよ」と言い始めて最初のころの二人の反応は…
息子はニヤリとしていました。娘は、うん、とうなづいていました。

そのうち、私が「大好きだよ」というと
「ママ、大好きだよ」と二人から返事をしてくれるようになりました
→めちゃくちゃうれしかったですよ!!!

 

さらに続けると、
私が言うより先に、ベッドに入ったら子供たちから
「ママ、大好きだよ」と言ってくれるようになりました。
ここまで来るともはや習慣の一部…!!笑

最初のうちは言い忘れる日もありました(ごめん)
いまでは言わないとなんか気持ち悪いくらい、ベッドに入ったら「大好き」って言って眠るのが当たり前になりました。

 

◆子供たちが「大好き」とを日常的に使うようになった
今までは寝るときに主に「大好きだよ」って言う儀式をしていたんですが、
子供たちが「大好きカード」でご機嫌取ってくるようになりました。

私がムッキーーーー!怒と怒り始めたり、少し機嫌が悪くなってくると、
「ママ、大好きだよっ」と笑顔で言ってきます。
まさに大好きカードを切ってくる!

「大好きとか言われちゃあしょうがねぇなぁ…」と、
私の怒りも少しだけ収まるのでした…

◆子供たちの情緒にも変化が。
成長のせいなのか、大好き効果なのかは定かではありませんが、子供たちがすごく落ち着いてきました。

いままで帰宅後はべったりで、私から一時も離れなかった娘。
今では兄と遊んだり、お絵かきしたり、おもちゃを収集したり、一人で遊んで待っててくれます。
「抱っこして!」と甘えてくることも多いですが、「今手が離せないから、これが終わるまで待っててね」と言えば、おとなしく遊んで待っています。
(もちろん、終わったら抱っこするように、約束守るように努めています!笑)

息子も、とっても怒りっぽかったのが、嘘のように優しくおおらかになりました。
今までは
「ママ!トイレ行くからついてきてよ!!怒 なんでわかんないんだよ!」と怒っていたのが
「トイレ、ママと一緒に行きたいな(ハート)」とかなりとげが減ってきました。
(具体例が笑えますが)

妹にもかなり優しいです。

娘も息子も、成長したんだろうとは思います。
でも、「大好きだよ」と毎日伝えることで、どこか彼らに余裕ができたのではないかと、私は思っています。

「今日はこんなに怒られてママ怖かった。でも、自分のこと好きだって言ってる」
無条件に愛されているという、安心感が、あるんじゃないかなぁと、思っています。勝手に。

そして私も彼らから「大好きだよ」ってたくさん言ってもらえて幸せ。
寝る前に一言言うだけで、こんなに素敵なことになるのなら、ほかのママにもぜひやって見てほしい。

私は、子供と遊ぶのが下手だし、ほめて伸ばすのもなかなか上達しない。
寝る前の絵本の読み聞かせだって、できてない。
「大好きだよ」は得意です。続けていこうと思います。

 

◆補足
私たちのやりとりから、子供たちが旦那に「パパ、大好きだよ」というようになりました。
そして旦那も子供たちに「大好きだよ」って言うようになりました。
で、私が「息子、大好きだよ、娘、大好きだよ、おやすみ」というと、
息子が「ママ、パパは?」と言ってくるので、「パパ、大好きだよ」も言うようになりました。

夫婦で言うのは照れますが、言葉にするのは大事だな、とつくづく思います。

子はかすがいとはよく言いますね、息子よ、ありがとう。

 

 広告