生理

生理が外で漏れたらトイレで洗え!会社、学校での緊急対処法

やばい!

外出中に生理が漏れてしまった…!

今日に限って明るい色のボトムス。しかもパンツ…!

着替えや腰に巻くカーディガンもない。

ボトムを買いに行く時間もない。

助けを求められる女性の友達もいない。

 

大丈夫!あわてないで。

トイレの個室内でできる応急処置を紹介します。

 

 

水とトイレットペーパーがあればシミを気づかないレベルまで薄くできる。

 

生理のシミとり応急処置法(外出先)

 

【所要時間】5分~10分

【必要なもの】

水、トイレットペーパー

マキロン(なければ水でOK)

 

 

 

経血の漏れに気づいたらすぐにトイレの個室へ。

 

ペットボトルの水とマキロンがあればより良いですが、なくても最悪トイレの個室までたどり着けば何とかなります。

(できれば漏れの原因を止めるためにナプキンも持ってってね!)

ちょっと時間はかかるので、仕事中などでしたら

「おなかが痛いので10分くらい外します」と言ってから行くといいでしょう。

 

【方法(省略バージョン)】

※絶対にこすらないこと!

お湯はダメ!(血液が変化してしまう)

絶対に水使ってね(もしくはマキロン)

①ズボンを脱ぐ

②先にナプキンなどを交換する(落ち着いてね)

シミ部分の経血をトイレットペーパーで吸う

④シミ部分の下にトイレットペーパーを当て、上から水(もしくはマキロン)をしみこませたトイレットペーパーでポンポンする

トイレットペーパーを交換しながら、シミが無くなるまで繰り返す

⑤水で濡れたボトムの水をトイレットペーパーで吸う

 

以下に注意点などもプラスした詳細を書いていきますよ。

 

とにかく、落ち着いてね。

あわてるとトイレにスマホを落としたり、余計なところにシミができちゃったりするから!

 

 ズボンについた経血をトイレットペーパーで吸う。

 

必ずボトムは脱いで。

処置がしにくくなります。

トイレットペーパーは惜しみなく使ってしまってください。

経血を吸ったらすぐ流す。

 

 

シミ部分を濡れたトイレットペーパーと乾いたトイレットペーパーではさんでポンポンする

 

シミの下に乾いたトイレットペーパーを当てて、シミの上からマキロン(もしくは水)にぬらしたトイレットペーパーでポンポン叩きます。

 

布についたシミを、乾いたトイレットペーパーに叩きうつすイメージです。

マキロンやオキシドールの方が早いですが、でも十分落ちますので安心して。

ペットボトルの水がなければ、トイレの水つかえ!

緊急事態だ。汚くない!仕方ない!!

 

 

トイレットペーパーを何度も交換しながら!

ポンポンしていると、トイレットペーパーにどんどん経血が移ります。

トイレットペーパーが少しでも濡れると、汚れを吸わなくなるのでどんどん交換しましょう。

最初のうちは、「ぽんぽんぽん(3回)」くらいしたら、トイレットペーパーが赤くなるのですぐ交換です。

 

これを!シミが薄くなるまで!!!永遠に繰り返す!!!

 

時間がたっていない経血はある程度これで取れます。

真っ白ボトムを完全に白くするのはむずかしいかも知れませんが。

よ~くみないと気づかないレベルまでは戻すことができますよ。

 

水分をトイレットペーパーで吸う

ドライヤーで乾かすことなんか、お家の外ではできませんよね。

上記方法でポンポンしていれば水の広がりは最小限のはず。

残った水分はトイレットペーパーで何回か抑えましょう。

こすってはいけませんよ~。

 

ここまでくれば、とりあえず外を歩くことはできるでしょう。

お疲れ様。よく頑張ったね…。

これからは、こまめにナプキン変えて、濃い色のボトムス着用しようね…。

なんで、「今日は大丈夫」って思っちゃうんだろうね。(私もよくやる)