子育て

子ども(小2)のニンテンドーSwitchにエロゲが出てきた話。子どもにSwitchを与えたときの注意点まとめも。

※一部修正中※

ゲーム機を子どもにいつ与えるか?について、各家庭でそれぞれ方針があると思いますが、うちは小1のクリスマスプレゼントでした。

おじいちゃんにおねだりする姿に、「ついに来たか〜」と思っていたものです。

ところで、子どもとゲームといえば親としては心配が絶えない。

ゲームは楽しいがゆえに中毒性があるので、親としてはゲームの長時間プレイが気になるし、キル系の残酷なゲームも気になります。

最近のゲームはオンラインプレイが基本なので、オンライン上で子どもを狙う大人や、例え子ども同士であったとしても攻撃的な悪口などに晒されるのでは、と心配でした。

とはいえ、私はゲームが悪だとはもちろん思わない。

周りの親と話していても同じ印象で、ゲームの楽しさも、コミュニケーションになることも、親世代の私達は知っているし、一概に子ども達へ禁止する気はない。

そう、私自身、子ども時代はゲーム三昧だったものです。

スーパーマリオにファイナルファンタジー、パラッパラッパ、カービィ 。。ああ、懐かしさの箱から溢れる思い出たちな。。

ただ、自分自身もやってたからこそゲームののめり込みやすさは知ってるし、親にとやかく言われるのが鬱陶しいのもよーーーく、覚えてる。

良さも悪さも知ってる。

さらに言えば、今はゲームにインターネットがつながってる分、もう、ちょっと、私自身がついていけないかも。

それなのに、私は初期設定を見誤ったんだよ。

Switchを買ったらソフトと一緒に子どもに渡しちゃった。

SwitchではYouTubeが見られるらしく、延々と、ずーーーっとYouTubeを子どもが見るようになってしまいました。

迂闊だった。

このままYouTube廃人になってしまっては困るので、子どもと話し、時間を決めることに。

そしてニンテンドーSwitchの制限機能を必死でぐぐった。

調べたら、ニンテンドーSwitchはさすがで、「みまもり機能」なるものがついているのですよ!

親のスマホに入れたアプリで、子どものSwitchを管理できます。

これがまた、親のかゆいところに手が届く機能で

・曜日ごとにプレイ時間の設定

(我が家は平日2時間、土日4時間)

・終わり時間の設定

(我が家は一律20時まで)

・インターネット制限

(我が家は8歳設定で一部ソフト(マイクラみたいなやつ)だけ許可。

YouTubeは対象年齢13歳以上なのでSwitchでの視聴不可。

YouTubeを見たい時は親と一緒のルールに。)

という設定にしました。

親が一方的に決めるのではなく、一応、子どもと話し合いながら。

あーよかった。

これで安心。

わが家の小2子どもはゲームとうまく付き合っていけるはず。

私はホッと胸を撫で下ろし、子どもは楽しいゲーム生活を送っていた。

そう、うまくいった、と思ってた。

ある日、子どもから「このソフト買ってみたい」と言われてSwitchの画面を見せられたのです

「少女ゲーム(仮名)お試し版」

は?

ん?

なんだろ、と思ってSwitchで詳細を見てみるとそれは、乙女ゲームでした。

サムネイルのサンプル画像は乙女ゲーム風の可愛いアニメ絵の女の子がたくさん並んでて、ストーリーを選択して進める感じ。

なんか学校で彼女を作るみたいな。

え、なにこれ?ときメモ?

でも女の子の絵、めちゃくちゃおっぱいでかいし、パンチラ寸前じゃないか?

これ大丈夫なやつ?

と、思い、一応ネットでも画像検索してみたらなんとまぁ、ガチのエロゲでした。

このエロゲ、詳細をみると対象年齢は18歳以上。

つまり18禁のアダルトコンテンツなんですよ。

なんなんだよ!!

子どもがエッチ風な事に興味を示すことは、まあ自然なことだと思いつつ。

ちょっとだけショックを受ける。

というか、小2でエロゲは刺激的すぎるだろう。

なんでSwitcheショップで子どもに対してエロゲがサジェストされてるんだよ

子どもには、このソフトには対象年齢がある事を説明しました。

更に、大人向けの成人コンテンツであること、性に興味を持つのは自然なこと。

しかし、子どもの心の成長を守るために、プレイできる年齢が決まってることもゆっくりと話す。

これで良かったのか、わかりません。

親の自分も、手探りです。

早々に性の知識も教えなければなぁ

伝え方も難しい所で、子どもは興味を持ったらいくらでも親の目をかいくぐっていける力があるのですよね。

私が隠せることなんて、ない。

性に関しては、娯楽コンテンツから偏った知識をつける前に、理科として親として正しい知識を教えておきたい。

子どもが自分で「これは今の自分に必要か否か」を判断できるようになってほしいけど

アダルトコンテンツは娯楽であり、現実の世界とは異なることを理解してほしいけど

後から調べたら、Switcheショップで年齢に応じた閲覧制限と購入制限をかけることができました。

しかし保護者のアプリにその項目はなく、わざわざブラウザでログインして設定しないといけない。

私は気づきもしませんでした。

そもそもSwitchにエロゲソフトがあるなんて思わないですよ

親である私の管理不足でもあります。

が、小学生に最も人気なゲーム機を販売する企業に対しては不信感です。

みまもりアプリに「eショップの閲覧、購入制限」の項目を入れるべきだと思います。

もっと言えば、小学生ユーザーと大人ユーザーが混在してるのであれば、初期設定は子どもに合わせるべきです。

大人ユーザーが年齢認証を行い、子供の制限を解除していく仕組みにすべきだと感じました。

今回のSwitchで得た教訓として、「どんな機能があるか」を親が知らないと子どもにとって「どんなリスクがあるか」の想像すらつかないということ。

何度も書きますが、親として、私の危機管理不足でした。

Switch、流行っているし子どもはみんな持っているし、楽しそうだから、と大して知らないものを子どもに与えてしまった。

私は、Switchはただの「ソフトをプレイするゲーム機」だと思っていたのです。

YouTubeが見られることを知らなかったし、みまもりアプリの存在も知りませんでした。

また、eショップに18禁のアダルトソフトが存在することも知らなかった。

知らないが故に、小2なら「eショップの閲覧制限が必要だ」ということすら、想像がつかなかったのですよ。

無知はなんて恐ろしいのだろう。

インターネットに接続されてるゲーム機器は、親のリテラシーと危機管理、とても重要だと思いました。

私は本当に迂闊でしたし、下調べも足りなかった。

「成人コンテンツを見せない、隠す、寝た子を起こすな」というつもりはないのですよ。

ただ、年齢に応じた対応が必要だと思うのです。

まだ、早い。

2にエロゲは早い。

なんで小2にエロゲソフトをサジェストしてくるんだよぉ!!(2回目)

いやほんとに、インターネットとも、ゲームとも、子どもの年齢に応じてうまく付き合っていきたいものです。

POSTED COMMENT

  1. 茉子 より:

    おそらくpc版は18禁でswitch版は18禁じゃないのだと思います。だから、switch版にエロシーンはないです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。