健康

コスパ最強の箱マスクはこれだ…!!マスクを毎日3枚使用するマスクユーザー一押し。「息がしやすいマスク」の口コミレビュー!ワイヤー入りで息がしやすいのに超安いので超絶おすすめ。

マスク大国日本。

春は花粉症、冬はインフル予防。毎日毎日マスクが必要…!

マスクは消耗品だから安く抑えたいけど、快適な使用感も捨てがたい。

 

にじの家の大黒柱、私の夫は、マスク人間。

扁桃腺が弱く、すぐに高熱を出すため、外出時にはマスクが欠かせない。

通勤時、昼の後、就寝時、必ずマスクしてます。私から見たらとっても病的…。 そして金がかかる…。

 

 

 

そんな病的な夫がたどり着いた、最強の箱入りマスクがこちらです…!

どーん

f:id:nijinoameko:20180405115138j:image

 

 

 

 

最強の箱入りマスクは、サンドラックの「息がしやすいマスク」!

「息がしやすいマスク」 65枚入り、税込○円(サンドラックにて)

ちなみに、楽天のサンドラックでは2個入りで税込820円ですね。送料が+411円かかります。

さまざまなドラッグストアで箱入りマスクは販売していますが、現在こちらが値段、付け心地ともに最強です。

一度間違えてウェルシアの箱マスクを購入したのですが、使用感がまったくもって違う…!

サンドラッグしゅごい…!

 

 

「息がしやすいマスク」はどういいの?

「息がしやすいマスク」の一番の特徴は、ワイヤーが2本ついていること。

f:id:nijinoameko:20180405115254j:image

一つは鼻に添わせるワイヤー(青い部分)で、だいたいのマスクについていますよね。これは一般的。

もう一つは、マスクの中央部に走るワイヤー(赤い部分)でして、これがあるおかげでマスクの布が口に引っつかないのです。

 

普通のマスクを使っている方…こんな経験はないですか。

呼吸をするときに、息に合わせてマスクがへこへこすることありませんか。

静かに呼吸しているならまだしも。

せき込んでいるときなんか、大きく息を吸い込んだときにマスクの布がついてきて、苦しくなってしまうことありませんか。

マスクの布が唇に張り付いて口紅が気になりませんか。

 

そう、息がしやすいマスクはこれらの不快症状を一挙に解決してくれる優れものです。

「超立体マスク」ってありますよね。

「超立体マスク」もマスクの布部分が固定されており、口元の空間が保たれています。

使用感としては、かなり似ていますよ。超立体の方が、フィット感、耳あたり共に格上です。

しかしながら、超立体は、超高い…。

 

にじの家では、デイリーづかいは「息がしやすいマスク」、気管支炎などの時は贅沢に「超立体」を使用しております。

 

なお、ティッシュのように1枚ずつ箱から取り出せます。

f:id:nijinoameko:20180405120225j:image

 

「息がしやすいマスク」のサイズと値段は?

サイズは2展開あります。

「ふつうサイズ」 W175mm×T95mm

「小さめサイズ」 W145mm×T95mm

我が家では「小さめサイズ」を使用してます。

ちなみに夫はウォーリーみたいな細さの顔です。

私も女性なので、小さ目サイズがちょうどよいです。

ふつうに骨格のいい男性ですと、「ふつうサイズ」のほうが耳が痛くないかもしれません。

 

「息がしやすいマスク」とほかのマスクの1枚当たりの値段は?

ここで、他の箱マスクや、超立体と、1枚当たりの単価を比べてみましょう。

・「息がしやすいマスク」 65枚入り 397円 1枚当たり6.1円

・「ウェルシアのマスク」 60枚入り 450円 1枚当たり7.5円

 ・「超立体」 4枚入り 190円 1枚当たり51.3円

※あめ子の家付近調べ

 

 

いやはや、安いですね…!!

 

3層構造で花粉、ウイルスもしっかり侵入を防ぐ…!

息がしやすくても、感染防止、花粉症対策に使えないと意味ないので。

パッケージの説明を抜粋します。

ちゃんとインフルエンザやSARS対策になるようですよ。

花粉は粒子がでかいのでとりあえず口ふさいでくれりゃOK見たい。

 

・マスクは3層構造の高密度フィルターで空気中のウィルス飛沫、花粉などの侵入を防ぎます。

 

・空気中の微粒子(0.1μm)99%カットフィルターを使用しています。

 

※ちなみに、微粒子物質「PM2.5」は粒子径2.5μm以下の微粒子です。(あめ子調べ)

 

※ちなみに、インフルエンザウィルスは0.8~1.2μmの大きさ(あめ子調べ)

 

※ちなみに花粉は3~5μmの大きさ。(あめ子調べ)

 

・BFE(細菌ろ過効率:3.0μm):99%カット

 

・PFE(微粒子ろ過効率:0.1μm):99%カット

 

・VFE(ウィルスろ過効率:3.0μm):99%カット

 

※フィルターの透過性試験測定値

 *1

 

もはや、VFEとか専門用語、わかりかねます。きちんとテストされ、99%のカットが証明されているとのことです。

 

「息がしやすいマスク」はどこで買える?

 近所のサンドラックで買えます。

でも、最寄りのサンドラッグ、なぜか入口にしか「息がしやすいマスク」を置いてないんですよ…!

 

f:id:nijinoameko:20180405115626j:image

ふつう、マスクコーナーや花粉症コーナーにあると思うじゃないですか…。

マスクコーナーと花粉症コーナーには他のマスクしかなく、すごく捜し歩きました…。

サンドラッグで、店員さんに聞くと確実です。

 

また、少々割高になり、送料がかかってきますが、ネットでも買えます。

がつっとまとめ買いするならネットでもいいですよね。

 

サンドラッグ以外のドラッグストアでは売っていませんでした。恐らくオリジナル品に近いものだと思います。

 

ということで、2018年、コスパ最強の箱入りマスクはサンドラッグの「息がしやすいマスク」でした☆

息がしやすいマスク 小さめサイズ ピンク 65枚【2個セット】

価格:820円
(2018/4/5 00:26時点)
感想(8件)

息がしやすいマスク ふつうサイズ 65枚【2個セット】

価格:820円
(2018/4/5 00:26時点)
感想(8件)

 

 

*1:「息がしやすいマスク」のパッケージ「特徴」から転記。