海外移住

親子留学、親子移住したくなる!影響力大のツイートまとめ

 

私は、海外で子育てするなんていう考えは微塵もなかったのです。

 

日本が好きだし、日本人が好きだし、日本から出ないと思っていた。

 

でも、子供が生まれて、子供の人生とか、自分のこれからの人生を考えた時に、少しずつ考え方が変わりました。

 

このごろ、ツイッターでフォローしている方の中に、海外での子育ての良さを発信し続けている方がいて、海外留学や海外移住にすごく興味がわいています。

 

よし決めた…!来年は旅行気分で、フィリピンにお試しで親子留学行くぞ…!!

 

と、いうことで!

私の海外への興味をかきたててくれたツイートをまとめました!

これを読むと、あなたもきっと海外で子育てしてみたくなってしまうはず…!

 

 

引用元のご紹介

この記事では、お二人のツイートを埋め込んで紹介しています。

 

インドに家族で移住した @mmonyami さん

 

 

マレーシアマガジン編集長の@mahisan8181 さん

 

 

自分が知らない国のこと。

子育てエピソードを交えて教えてくれるツイートが、とても興味深く面白いです。

 

 

 

◇インドのイメージが一変!インドで子育てってアリなのね!

 

危険で汚いイメージがあるインド。

実際に住んでみないと分からない。

 

インドではメイド、運転手など、日常的に人を雇って家事をお手伝いしてもらうのだとか。

家事をお願いして、やりたいことをやる…!最高にうらやましいな…!

 

 

日本から逃げ出して海外でのびのびする、先見の目のある人たち。

 

 

子供が「海外に住んで良かった!」と言ってくれるなんて最高だなぁ…!

 

 

寛容な国インド。自分にも、他人にも。

 

 

 

 

◇学校は自分に合わなければ変えてよし!選んでよし!

 

日本で小学校を変えるとなったらかなり大ごとだけど、

海外では普通らしい。

 

 

うちの息子も、もしかしたら、いい学校でいい先生に恵まれたらのびのびと成長できるのかもしれない。

それが日本なのか、海外なのかは、わからないけど…。

 

 

子供たちを親子留学で何回か海外に連れて行っておけば、

子供たちが人生で何かにつまづいたり悩んでも、世界の広さを思い出せるかも。

 

 

 

 

◇自分で考え、自分の意見を伝えられるようになることの重要さ。

自分で考えることができる、そんな子供になるって、「生きる力」が備わることだと思う。

私はこの訓練してこなかったから、大人になった今、苦労してる。

 

 

 

 

 

 

 

◇マレーシアでのおおらかな子育て

あ~~~マレーシアでのびのびと子育てして癒されたい…!

 

 

母親が一番楽しむ国マレーシア…!

私も「自分がまずは超!楽しむ」という心意気を大事にする!

 

 

ただし、結局どこへ行っても、どんな人と一緒にいるかは自分次第なのは忘れないようにしたい。

日本でも、海外でも、自分の行動や気持ちで、どんな人が周りにいるかは変わってくると思う。

 

 

南国で暖かく、人口密度が低く、バナナの木があれば生きていける国。

 

 

失敗を、どんどんしていいよ!という環境

 

子供たち、「失敗は良いこと」と教えてくれるような先生に出会えるといいなぁ。

道徳の授業で発言して、「それは違う」とクラスのみんなに笑われて泣いている男の子の特集を思いだす。

(このツイート見てかわいそうで、納得いかなくて泣いた)

 

 

これと比べるのは少し違うかもしれないが、対照的なエピソード。

 

 

 

◇マレーシアのインターナショナルスクールのレベルの高さ

 

私はグローバルリテラシー低く、人の容姿をガンガン褒めたりしてました。

「痩せた?!綺麗ね!」とか「肌が真っ白で綺麗ね!」とか、「おっぱい大きくてうらやましい!」とか。

言ってました…。

このツイート↓を見て、私が外見を悪気なく褒めて、気分が悪かった人もいたかもしれないなぁ、と反省しました。

そしてこういう話を、子供たちにも幼少期からしてあげたいと思いました。

 

寛容で、他人のことを気にしない。

放置したり、あきらめるのではなくて、子供の意見を尊重できる先生は素敵だと思う。

そして「この子はお気に入りよ!」と宣言できる先生も、それを気にしない生徒や親もおおらかですばらしい。

 

 

◇いきなり移住しないで、お試しで親子留学するといいらしい

 

マレーシア移住に興味を示したら、フィリピンの親子留学という手段もあると教えていただけました。

 

 

 

いきなり移住するよりも、雰囲気を親子で感じて、「行きたい!」と思えるかどうかが大事。

 

 

当然、海外が合わない親子だっている

 

 

 

 

改めて一連のツイートを見直して、住む場所の一つとして海外も視野に入れていきたいな、と感じました。

私自身は日本も結構好きなので、実際に海外へ行ってみて、どう感じるかは未知数です。

 

子供たちも、アジアを気に入るかどうかはわからないです。

家族なので、私だけが海外生活に満足していても仕方ないですしね。

今のところの理想というか構想は、1年ずつか、半年くらいずつ、日本と海外を行ったり来たりして住むのが理想かな…。

例えば春夏は日本で、秋冬は南国に行くとか。

子供の学校や、旦那の仕事などの問題が出てくるので、そこは話し合いです。

ただし、始めから選択肢を×にして、あきらめることはしたくない。

家族と話し合いながら、自分たちに合うかどうかを見極めながら。

選択肢の一つとして親子留学、海外移住を考えていきたいです。