海外移住

グローバル視点を育むことで、舞台が世界の大きさになる。




子供と私のグローバル視点を育みたい。
親子留学して肌に合えば、親子移住もいいなって思っております。
 
 
 
最近の日本でも、若い子はけっこう英語喋れますけどね。
世界にはいろんな人種、言葉、考え方があるっていう事実、日本でずーっと育っていたらなかなか培われないと思います。
 
グローバル視点や英語教育なんて全く興味なかったのですが、この頃考えが変わってきました。
 
我が家の長男が、少し変わった子なのです。
 
 
にじのあめこ
にじのあめこ
もしかしてうちの子は、日本で縮こまって大きくなるよりも、
 
海外で個性を伸ばし流れ成長する方が、この子には向いてるんじゃないか?
 
海外でなら天才になれるんじゃないか?(←親バカ)

 
 
と、ふと思ったのがきっかけで、海外移住のツイートやブログがすごく目にとまるようになったのです。
 
 
 

◇選択肢を日本からではなく、世界から選ぶ自由さ

 
 
キッズライン の経沢香保子さんが以前、voicyでおっしゃっていたのですが
 
 
「日本は少子化で、グローバル化は間違いなく進む。そんな中で大人になった時、職業を日本の中だけでなく、世界から選べるようになった方がいいと、子供に言ってる」
 
 
(一度聴いたきりでうろ覚えですが、こんな感じでした)
 
この言葉がすごく心に残りました。
 
 
 

例:日本の教師になるか、世界の教師になるか

 
例えば子供が「教師になりたい」と思った時に、日本の教師なら「少子化だし先細りかな‥」となるものの、「インドで教師」ならすごく幅も夢も広がるかもしれない。
 
 
海外移住やノマドを決意した人は「東日本大震災」を期に考え方が変わったと聞くことが多いのです。
何かから「逃げよう」と思った時に、日本国内だけでなく地球のどこへでも逃げられるといいですよね。
 
 

例:日本で結婚相手を探すか、世界で結婚相手を探すか

 
結婚相手を探すときも、「日本人男性、年収いくら、年齢いくら‥」だととても範囲が狭くなりますが、世界の男性まで広げられれば、一体なん億人いるんでしょうね。
35億?ブルゾンちえみ?
 
 
 

グローバル視点と語学は、武器になる。

 
そう、グローバル視点があると、選択肢がものすごーーーーーく広がりますよね。
 
 
例えば子供達にも、日本の学校で馴染めなくても、「学校だけが全てじゃないし、近くの国に行けばいいかな」って子供が思える強さにして欲しい。
 
そのために語学力や、グローバル視点が武器になるのだと、ようやくわかった気がします。
 
自分が人生の主人公だったとして、日本の島国の小さな舞台で踊るのもいいけど、世界のおっきな舞台が人生の舞台の方がいいよね。
小さな舞台か、大きな舞台か選べるのもいいよね。
 
そんな気持ちです。今。