健康

20歳で黄体嚢胞が破裂。救急搬送、開腹手術をしたときの話

私が黄体嚢胞破裂(おうたいのうほうはれつ)(卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)ともいいます)して、救急車で運ばれ、緊急手術をしたときの話。

 

かなり昔の話にはなりますが、婦人科系の病気の記録は誰かの参考になるかもしれない、と思いました。

 

 

記憶の網をたどって書いていきたいと思います。

 

突然の便秘のような腹痛

当時私は大学生。

付き合っていた人の家に半同棲、のような生活をしていました。

生理が近かったと思いますが、マリンスポーツでウェイウェイして帰ってきたあと、彼氏の家で寝ていました。

「…?なんだかお腹痛い…?便秘だったっけ?」

 

それは便秘や下痢の時の痛みに似ていました。

※一般的に、婦人科系の痛みは、消化器系の痛みと見分けがつかないといいます。

陣痛や、妊娠中の異常も、痛みの感じでは子宮なのか、消化器系なのか判断できないのですよ…

 

彼氏と一緒にベッドにいるときも、「ちょ、なんかお腹痛い。今日は無理」と断るほどでした。

 

翌日、痛みが引かなかったので、病院へ行くことにしました。

痛みはかなり下の方の下腹部。

トイレで踏ん張っても何も出ないし。

私はてっきり、便秘だとばかり思っていました。

 

歩くことができないくらい痛くなってきたので、タクシーで近くの消化器内科へ。

診察台に寝て、お腹を触診してもらいましたが、「ビオフェルミンと痛みどめ」を出されただけでした。

思えばこれがダメだった。

お腹が痛かったら「婦人科ではないか?」と疑うべきだったんですね。

私はまだ20歳。

経験値も浅く、まさか婦人科系の異常だとは夢にも思いませんでした。

したがって、間違った病院を訪ねてしまい、何の解決もしなかったのです…。

 

倒れて救急車で運ばれる

帰りのタクシーでも、どんどん痛みが増していく。

「あれ?これはもしかして便秘ではないのでは…?」と思うくらいにはぐったりと歩けなくなっていました。

 

幸い、その時は彼氏が付き添ってくれていました。

タクシーを降りて、「とりあえず家に帰り寝るぞ」というところで、「寒い」と言いながら倒れて、意識を失ってしまいました。

ここから病院までは記憶がないんです…!

 

あとから聞いた話によると、彼氏が毛布を持ってきたり、通りかかった人が救急車を呼んだりしてくれたみたいですね…。

 

病院で点滴をしていたら意識が戻ってきて、いろいろ聞かれました。

救急車で付き添ってきた彼氏は、家族でないため病院関係者に怪しまれて、冷たい対応をされて待ちぼうけだったようです。今思えばかわいそうでした。

 

すぐさま点滴後に婦人科へ連れて行かれて、いろいろ検査したところ、片方の卵巣から大量に出血しているらしいとのことでした。

下腹部の痛みは出血によるもの。

痛みと貧血で、倒れてしまったようです。

 

レントゲンを撮るときに立ちあがったら、これまた貧血なのか景色がぐるーーーーっとまわり、そのままレントゲン室で倒れて意識を失いました。(何回意識失うんだ…笑)

 

黄体嚢胞破裂による出血。その日の夜に緊急手術。

検査の結果、出血がかなり多いので、開腹手術して血を取り除いた方が良い、という話になりました。

もし出血が少量であれば、そのまま安静にしていれば吸収されたようなのです。

私の場合は出血の量が多かったため、手術したほうが良いと勧められました。

 

同意書を書かされ、実家から父が飛んできて、全身麻酔の手術となりました…。

 

10センチの開腹。一生残る傷になった

手術の説明を受けたときは、2センチくらいの傷で済む、とのことでしたが、結局10センチくらい切ったようです。

数年はケロイドとして傷跡が残りました

今はケロイドはなくなりましたが、傷跡は残っています。

エステや人間ドックで、「この傷は帝王切開ですか?」と聞かれますね~。(黄体嚢腫です…)

傷は残りましたが、あまり気にしていません。

私本人よりも、母が気にして心配していました。大丈夫だよ~!)

 

入院中はマジ痛かった…。

健康な女性だったのですが、開腹の傷はかなり痛かった。

歩くのがやっと。

腹圧をかけられないので、咳したら激痛。

友達がお見舞いに来てくれたのですが、「頼むから、絶対に笑わせないでよ?」と懇願しました笑。

 

うろ覚えですが、1週間くらいで退院したかな…。

 

ちなみに、麻酔している間に、下の毛は全てカットされていました!(Vゾーンのみ)

思えば、あれが私の初めての剃毛だった…。

 

手術後の日常生活

定期的に健診に行くのみで、特にこれといった変化はありませんでした。

でも20歳から産婦人科に通うようになったおかげで、出産のときになんの抵抗もなかったな…!!それは良かった。

その数年後、子供も2人産みましたし、私の卵巣、頑張ってるな~!!

 

そもそも黄体嚢胞(嚢腫)って…?

私が説明された内容で書きますね。

 

排卵前は、排卵に備えて、卵子を育てるために黄体が大きくなる。

排卵の際には、黄体を突き破って卵子が放出されます(いわゆる排卵)

この時に黄体は出血することもある。

私の場合は、ちょうど排卵期に激しい運動(今回で言うと、マリンスポーツや性交)があり、出血が多くなってしまったのではないかということでした。

黄体嚢腫は、どんなに健康な女性でも生理のたびに起こりうることだそうです。

稀に私のように大量出血してしまう場合があるらしいです。

 

入院費は父が出してくれた

入院、通院費は、父が加入してくれていた保険でまかなうことができました。

一度手術歴がついてしまうと、5年間は告知義務があり保険加入が難しくなってしまうらしい。

病気になる前に父が保険に入ってくれていて助かりました。

 

まとめ

お腹が痛かったらまず、婦人科へ行きましょう。(これ大事)

また、女性はいつ、なんどき婦人科系の病気の診断が下るかわかりません。

女性特約のある、医療保険に入るようにしましょうね。

https://nijinoameko.site/entry/2018-02-10-%E5%85%B1%E5%83%8D%E3%81%8D%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E3%81%AE%E8%99%B9%E9%87%8E%E5%AE%B6%E3%81%AE%E4%BF%9D%E9%99%BA%E4%BA%8B%E6%83%85%E3%81%A8/

切迫早産で入院してしまって、保険に入っといて助かったし、高額医療費は落とし穴だらけで泣いた話。あめ子です。 もう数年前のことになりますが、2人目の妊娠中に切迫早産になりました。 まさか自分が…!?という事態にびっくりし...

(県民共済でも何でもいいから!ちゃんと入院保障があるものに入るのですよ…)