ただの日記

自分が主語厨のすゝめ

自分が主語厨のにじのあめこです。

 

「自分が主語厨」って最近作った造語なんですけどね、

「自分が主語」なのは大事だよ!っていうメッセージを声高に叫ぶに当たり、

なんか意識高い感じがしていい感じなので「厨」つけました☆

 

 

 

どうも。あなたは誰が主役の人生を生きてますか?

 

ねず公
ねず公
自分の人生、自分が主役に決まってんだろ!

 

 

ですよね。

自分の人生、自分が主役ですよね。

 

私も、自分が主役だと思っていたんですけど、自分が主役を演じてなかったことに最近気が付きました。

 

 

◆「子供が…」「旦那が…」「会社が…」が主語になっていない?

 

私自身そうだったんだけど、

にじのあめこ
にじのあめこ
子供がいる母親なので、できません!

 

という風に、子供を理由に何かをあきらめたり、勝手に身の丈を設定していなかった?

 

してた。め~っちゃしてた。

っていうか、正直若干、まさに今もしている。

 

にじのあめこ
にじのあめこ
子供が~

夏休みなんで~

忙しくて~

ライターできません~

 

 

すでにやってたわ。(反省)

まあ、それはさておきね。

ちなみに、子供の弁当作りや、宿題サポートを「私が」したいから、

「私が」疲れたので、ライターを夏休みにしています。

 

◇「私が」選んでいるのか。どうしたいのか、全然決めていなかった。

 

いつからか、「身の丈」を大事にし始めてしまっていました。

冒険はしない

手堅く生きる

だってもう大人だし、甘いこと言ってられないよね。

 

そんな感じでこの10年過ごしてきた。

高校生の時に「宇宙飛行士目指したいから、理系の大学行かせてよ!」とか無謀なこと言っていた私は影もなく消えた。

 

で、小さく細く、道を踏み外さず、失敗せずに生きていこうとしていたわけ。

 

「私には無理だよな~」

「私にはこれくらいの小さいお家がお似合い」

「私たちレベルにはこのレベルの生活じゃない?」といつの間にか夫をも巻き込んで。

まさに下げマン。

 

◇細く長く生きられなかった

 

 

私は、大学をなんとか卒業して、いい会社に入って。

その会社に一生寄生して生きていくつもりだったんだけど、それすらできなくなりました。

育児家事と、仕事の量に追いついていけない。

追いついていけなさすぎて泣く。

 

にじのあめこ
にじのあめこ
細く長く生きていくつもりが~~~!!

全然細くな~い!!怒

つら~~~い!!

 

仕事がパンクしてしまい、会社を辞めた後に考えました。

にじのあめこ
にじのあめこ
私って、どんな人生行きたかったんだっけ?

 

◇周囲の環境が10年ぶりに変わった

ブログ始めて、ツイッター始めて、オンラインサロンとか入りました。

世界が違った。

フリーランスの人、起業している人、会社なんかクソだゆってる人。

 

まぁ、単純なので、感化されましてね。

 

「あ、自分が何がしたいかを明確に持っていていいんだ」

 

と感じました。

 

 

「自分が選んでOKで、大それた夢を持ってもいいんだ」

 

ということも分かりました。

 

そう、そして私は、「自分が主語厨」になったのでした。

 

今ではね、子供とプールに行く時ですら、

「私は本当はどうしたいの…?

私はプール嫌いなんじゃないの?

でも子供とプールに行く思い出が欲しいのは私…!?」

と問えるまでに成長しましたよ。(うっとおしいね)

 

◇自己中になった?

でね、「自分が」ってなると悪い意味で自己中になるかな、と思いきや意外にそんなことなくて。

 

「私が」したいことの軸のひとつに

「家族と友達を大事にしたい」っていうものがあるわけ。

 

家族を大事にすることで、自分にとって心地いい家をつくりたいし、家族の心が安定することで、自分も幸せになることを知っている。

「家族」が好きだから、「好きな人には幸せでいてほしい」っていう、ピュアな気持ちもちゃんと持ってたよ(バンザイ!)

 

また、「家族を大事にしている自分が好き」っていう、ナルシスト魂もきっとあるよね。

 

なので意外と、自分を大事にしても周りの人に迷惑かけることはなかったと思う。

 

さいごに

と、いうことで、

「私がどうしたいか」

「私が何を言いたいのか」

 

この2つを心から大事にしていきます。